BLOG

HUE story 3

 

こんにちは、研究の中西京介です。

 

夢を実現させるために具体的にしたこと。

 

それは、既染毛に対してのアプローチの仕方を徹底的に学ぶことでした。

 

日本では根元はアルカリカラー。

毛先も基本的にアルカリカラーをします。

 

低アルカリやアルカリキャンセルの2剤を使用しているサロン様もありますが、

メーカーの出荷数を見ても、ほとんどのサロン様は使用していないのが現状です。

 

理由は根元から毛先まで均一なデザイン提案をするため、

リフトするアルカリカラーを使う必要があるからです。

 

 

一方、海外では根元はアルカリカラー。

毛先は絶対にグロスカラーをします。

 

story 0でも話したように“1度アルカリカラーを使ったところに、

もう1度アルカリカラーを使うなんてありえない”。

この考えが広く伝わっています。

 

理由は根元から毛先にナチュラルグラデーションと

ブリーチを用いたハイライトをミックスしたデザイン提案をするため、

リフトしないグロスカラーを使う必要があるからです。

 

既染部に対してのアプローチの仕方が全く違うということを学びました。

Share

Category

Archive

Recent posts