section blog

2017.04.15

新商品発表会

170415

こんにちは、東京営業の尾嵜です。

4月11日にナンバースリー表参道スタジオにて新商品ボタニカルウェーブのサロン様向け発表会が行われました。

講師はBRING Hair Design&creation代表の大野勝次先生に行って頂きました。

テーマは『五感に訴えるカスタマイズパーマ』です。

パーマをオススメする目的やテーマを決める事で、お客様にご提案する幅が広くなる事。

お客様の五感に訴えることでメニューの認識度が高まることなど、盛りだくさんの内容で私たち営業もとても勉強になりました。ご参加頂きましたサロン様にも大好評頂きました。

情報社会の昨今、食べ物や化粧品など日常的に使われるものにお客様は安全で安心なものを求めています。

その中でもニーズが高まっているキーワードとして『自然派やナチュラル、オーガニック、ボタニカル』が挙げられます。

そんなワードに関心の高いお客様がサロンに来られた時・・・・

おすすめ出来るメニューがあったらいかがでしょうか?

ダメージレスでしっかりボリュームをだせる自然派パーマ。

普段のお手入れをしやすくします。

それが『Vegan Perm』です。

世界初のVegan認証取得の『ボタニカルウェーブ』を使用して是非お客様にパーマをおすすめしてみてください。

ナンバースリーではボタニカルウェーブの臨店講習を随時行っております。

ご希望のサロン様はお取引のある代理店様にご連絡ください!

FROM 営業部

2017.04.10

BOTANICAL –ボタニカル–

170410

こんにちは、研究開発部の大重佳奈です。

BOTANICAL-ボタニカル-
最近ではファッション・生活雑貨・スキンケアアイテム・食品まで
幅広く浸透している言葉ではないでしょうか??

植物には「空気洗浄」や「リラックス効果」があります。
そういった植物のもつ力を、
健康や日々の暮らしに取り入れようとする人が、
増えていることがわかります。

先日私も友人と“ボタニカルキャンドル”を作りました!
出来上がりも上々だったのでお部屋に飾りました。
小さな植物があることで、
香りや視覚、その場の雰囲気が優しく・柔らかくなり、
植物のもつリラックス効果を改めて実感できました。

私が入社してからずっと製品開発に携わっている
“BOTANICAL WAVE”が4月21日に発売されます!!
植物成分を多く配合しており、
“パーマをかける”という一見縁がないシーンでも
ライフスタイルに、植物を取り入れることが
出来るのではないでしょうか?

FROM 研究開発部

2017.04.05

脱・ひきこもり

170405_

こんにちは 生産部の川崎です。
だいぶ暖かくなってもう春の陽気ですね。

僕が春だなと感じるのは選抜高校野球が始まる頃からです。
寒くてひきこもっていた自分にさよならしようと思います。

ということで今年は甲子園で選抜高校野球観戦してきました。

生で見るとそこでしか味わえない空気、熱い応援、リアル高校球児ととても新鮮で、テレビを通してみるのとはまた違う感覚でした。

また僕が観戦した日は高校野球史上初の2試合連続再試合という記録が生まれました。
3試合観戦したので、とりあえず最後のほうは腰が痛かったです。

ですが、さすがに甲子園に出場するチームです。
組織力が素晴らしいですね。これは会社の組織に似ている感じがしました。

監督の戦略・指示のもとで、選手は忠実に行動する。
野球には攻守があり、役割は分業化されています。
それぞれが自分の役割を理解し、行動するといった点です。
これがちゃんと機能しての組織だと高校野球をみて再認識できました。

ちなみに今大会の優勝は大阪の大阪桐蔭高等学校でしたね。
おめでとうございます。

ということで、今日も仕事がんばります!!

FROM 生産本部

2017.04.05

商品開発

170405_2

こんにちは。研究開発部の刑部です。

2017年もあっという間に3ヶ月が経ちました。
当社は毎年ビジネステーマを設けています。今年のテーマは『WELLBEING』です。

この一年間、商品を通じて会社の方向性やメッセージを感じ取って下さい。

今回は、私が商品を開発する上で大事にしているポイントをお伝えしたいと思います。

進め方は作業する人によって様々ですが、私は最初からがむしゃらに処方を進める事はせず、まず疑問を抱くことにしています。どんな事でも良いのですが、、、

例えば、
シャンプーにたくさんのオイル成分を配合する事は出来ないのか?
褪色しないカラー剤は作れないのか?
だれないパーマ剤はなぜ作れないのだろうか?
と疑問を持つことです。

このような疑問や課題に対して実際に処方を組んでいきます。その結果、必ず壁にぶち当たります。この壁は処方開発をする人であれば共有でき、超える事の出来ない壁でもあります。
私は自ら限界を設ける事はせず、最後まで諦めずに作業する事が大事であると考えています。なぜなら、この限界の向こう側には必ず明るい光があると信じているからです。

商品にはいずれも完成系はないと思います。限られた時間の中で結果を出さなければいけません。処方開発は本当に素直に人格が映し出されます。そして、処方開発に甘える事も厳しく設定するのも自由です。
しかし、仕事の取組み方で5年後、10年後の自分に大きな差が生じます。

今月には、私が開発した商品が発売されます。
お客様やサロン様に少しでもお役に立てるよう最後まで諦めずに検討した結果、思い通りの商品を開発する事が出来ました。

これからも成長する事を意識して研究をしていきたいと感じています。

FROM 研究開発部

1 2 3 4 5 6 48