2012.02.22

前処理とtocosme

bleech-thumb-400xauto-465

『前処理とtocosme』についてご紹介します。

教育部ではサロン様にお邪魔をし、臨店講習を行っていますが、その合間に実験を行っています。
◉仕込み内容
1. 毛束にブリーチを施し、14Lvまでリフトアップ
2. 医薬部外品のパーマ剤(チオ)を付け、10分間放置
3. 2液塗布(5分)
◉写真1
1. PPT処理を施し、セラミド処理
2. 医薬部外品(チオ) 1液塗布(10分放置)
3. 中間水洗
4. 2液塗布(5分放置)
◉写真2
1. PPT処理のみ
2. 医薬部外品(チオ) 1液塗布(10分放置)
3. 中間水洗
4. 2液塗布(5分放置)
◉写真3
1. PPT処理を施し、セラミド処理
2. 化粧品(tocosme H) 1液塗布(10分放置)
3. 中間水洗
4. デオトリートバッファー塗布 (3分放置)
5. 2液塗布(15分放置・2度付け)
◉写真4
1. PPT処理のみ
2. 化粧品(tocosme H) 1液塗布(10分放置)
3. 中間水洗
4. デオトリートバッファー塗布 (3分放置)
5. 2液塗布(15分放置・2度付け)
ダメージ毛にはダメージ毛なりのアプローチ方法を考えないといけません。
医薬部外品の良さと化粧品の良さを持つtocosmeがこの場合に適しています。
そして、前処理も〈PPTのみ〉と〈PPT+セラミド処理〉では薬剤の浸透度合いが違い、リッジの出方に大きく違いがあります。
前処理と薬のチョイスが大切です。
是非明日からのサロンワークにご活用ください!!
p.s. 前処理は・・・トリシスです。

tocosme lotion