section blog

2012.01.10

節目の大切さ

こんにちは。マーケティング部の小野です。
1月中旬に入り、日本各地では、成人式が終わりましたが、これから春にかけても、卒業式、入学式などのお祝い行事が続きますね。
これらは、人生の様々な節目を迎える式典や行事で、おごそかでありながらも、華やかな装いも楽しめるので、すばらしい日本の伝統だと私は思っております。 また、この節目を迎えられることは、自分自身の努力や成長の証ですし、家族や友人などのまわりの人に支えられてきたことを感謝するとてもいい機会ですよ ね。成人を迎えられた皆さんは、20歳になったことを喜ぶことはもちろん、ぜひまわりへの感謝の気持ちも伝えてください!
さて、ここからが私たち成人のお話です。
学業を終えて成人になると、伝統的な節目のお祝い行事は60歳を祝う還暦までありません。この20歳から60歳を迎えるまでの間、人は「もっと自分を成長 させたい、人の役に立ちたい、社会に貢献したい」と考えると思いますが、それらには、伝統的な通過儀礼や節目の行事は残念ながらありません・・・
そこで、成人の私たちは、自分で目標を掲げて期限を設定し、今何をすべきなのかを意識して毎日努力しなければ、目の前の忙しいルーティンに追われてしま い、いつまでたっても自己成長を実感する節目がおとずれません。さらには、まわりの人への感謝の気持ちを見失いがちになってしまいます。「忙しい」という 文字は、「心」を「亡くす」と書きますが、その通りですよね。
昨年の私は、ともに歩む仲間や組織や会社や取引先の応援をうけながら、充実した日々を送らせてもらいました。今年は、昨年同様に高い目標を掲げ、昨年以上にスポンジのようにあらゆる事を吸収し、更に飛躍の年にしたいと思います。
「日々努力、日々感謝」これで毎日を突っ走っていければ最高です!
今年もナンバースリーを盛り上げていきますので、どうぞよろしくお願いします!

FROM マーケティング部