section blog

2014.04.04

目には見えないもの


研究の中西京介です。

いつもは処方を中心に話を進めますが今回は容器について。
3年前にtocosmeを発売した後、全国をぶらぶら市場調査していた時にいろいろな意見をいただきました。
その中で、特に多かった意見はこれです。

・女性には大きな容器は扱いにくい。
・1液と2液が忙しいときに見分けにくい。

業務用商品の容器は美容師様にストレスがかからないようにすることが大切なので、
3つの進化を容器で行いました。

”女性でも使いやすいように” 
1000mLの容器は400mLに!!

”1液と2液は一目でわかるように” 
容器の淵を色で囲み、1液はキャップも色つきに!!

”更なる安定な商品を目指すために”
システアミン(還元剤)に対しての容器のバリア性をアップ!!

業務用商品の容器はストレスを感じた時点で悪い評価につながってしまいます。
少しでもストレスを軽減するために、お客様が見えない容器の部分も日々進化しています。

1つの商品を生み出すためにいろいろな部署が深く関わります。
目には見えない部署間の連携がとっても大切です。

FROM 研究開発部