section blog

2013.03.11

桜色のルファルデ


こんにちは研究の中西京介です。

春の優しさを感じる季節になってきました。
まだまだ寒い日もありますが、街行く人の服や花のつぼみからやわらかい色みを感じます。春といえば新しい生活をスタートする季節。
サロンでトリートメントをされる方もとても多いのではないでしょうか?

ナンバースリーのサロントリートメントには「キュアポッド ルファルデ」という商品があります。容器が桜色のとてもかわいいデザインです。

今回は、ルファルデの開発コンセプトのお話をさせてください。

サロンでトリートメントをするお客様にお話を伺うと、
「毛先や内側の指通りが満足ではない」というキーワードがでてきます。
女性の方は心当たりがあるのではないでしょうか?

原因は「ベース(=ダメージ)の差」です。

自分の髪の根元を指でつまんで、毛先までゆっくり触ってみてください。
毛先の方はひっかかりを感じませんか???

これが根元と毛先のベースの差です。

ダメージがある髪(毛先や内側)にトリートメントを処理すると、補修成分はダメージ部分に入るのですが、流出するのを防ぐことができないため効果が感じにくいです。逆に根元は成分がしっかりとどまることができるため効果を感じやすいです。だから、トリートメントは毛先中心に使うのが一般的ですよね。

つまり、バラつきのあるベースを均一にすると良いのではとそこで思いつきました!!
ルファルデはベースの差をなくす新発想の「ベースメイク処方」を採用しています。

「ベースメイク処方」の原点はメイクです。
美容関係の人と話をしていると、「メイクのりが良い(悪い)」という言葉をよく耳にします。それが何か伺うと、メイクのりが良い(悪い)肌の3つの条件があるそうです。
それは、
1.キメが細かい(粗い)。
2.肌が整っている(荒れている)。
3.うるおいがある(乾燥している)

これって髪の毛ととても似ていますよね?

髪の毛に応用すると、
☆キューティクルのキメを細かく。→網目状の成分でベースを作り!!
☆キューティクルの凹凸を整える。→ごくごく少量の還元剤で表面を整える!!
☆うるおいを閉じ込める。→アクアゲルでうるおいをキャッチ!!

「ベースメイク処方」にこだわり開発した「キュアポッド ルファルデ」。
毛先や内側の指通りが気になる方に特にお勧めです!!

新しい生活を桜色にメイクアップしてみませんか?

FROM 研究開発部

recent entries

section